ジグザグファクトリー


topgallerydownload


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 四肢切断ギャラリー > 監禁だるま妊婦



 あなたは、その日もいつものように地下室に下りていった。壁の電気をつけると、ぼんやりとした電球が、せまい地下室を照らした。段ボール箱やポリタンク の間に、布に包まれた物体が横たわっていた。

 あなたはその物体を抱え上げると、地下室の中央の持って来て、床にそっと置いた。そして、物体を包んでいる布切れを取り去ると、そこには手足のない妊婦 がいた。妊婦は目と口を皮のベルトでふさがれ、肛門と尿道には弁が取り付けてあった。

 これはあなたの保管する妊婦であった。

 彼女を一目で気に入ったあなたは、その日のうちに彼女を拉致した。手足を切断処理し、目や口をふさいで自由を奪った。それから毎晩のように強姦を続け、 妊娠させた。
 彼女に残された自由は呼吸することのみであった。

 あなたは、彼女の体を愛撫しながら丁寧に拭いた。時折、彼女が首を上げて、こちらに何かを訴えているような様子を見せていたが、あなたは彼女の頭をかか えると、汗とよだれを拭き取り、床に押し付けた。

 それから、彼女の尿道につけた弁を抜いてやった。すると溜まっていた尿が噴き出した。排尿が終わるのを待ってから、彼女の性器を拭き取った。

 その後、あなたは彼女のはりつめた乳房をわしづかみにしながら、犯し始めた。乳房を搾り上げるたびに、真っ白な母乳が飛び散った。彼女の孕んだ子宮をを 激しく突き上げ、苦しそうな表情をする彼女の胎内に射精した。
監禁だるま妊婦








copyright