ジグザグファクトリー


topgallerydownload


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 猟奇ギャラリー > ショウ・タイム2-1



ショウ・タイム2-1

 ※旧版

 華やかなコンサートホールの舞台にきらびやかなライトが照らされ、赤を基調とした背景をいっそう際立たせていた。ホールは 満席の状態だが、観客たちは静寂を保っていた。
 やがて舞台には軽快な音楽が流され、今回の主役の登場を促した。

 ライトの照らされた舞台の中央に、若草色の衣装を着た少女が歩み出た。この少女が今回の舞台の主役であった。少女は客席に 向かって深くお辞儀をし、満面の笑顔で観客にその身を晒した。
 少女の衣装は前面が開放されていて、乳房と性器が露出していた。少女の未発達な乳房の桜色の乳首は、緊張と興奮で硬く勃起 していた。性器も割れ目を囲む肉が盛り上がり、性的な興奮を得ていることを表していた。
少女は緊張のためか、少し震えているようにも見えた。
 しかし、その顔にはまったく曇りのない笑顔がたたえられていた。

 しばらくすると、舞台の袖からキャスター付きのテーブルがいくつも運ばれてきた。テーブルの上には、大きな串、ナイフ、何 に使うのかわからない器具、などが整然と並べられていた。
 少女はそれらを笑顔で確認し、ふたたび観客に一礼した。するとそれまで沈黙していた観客から、盛大な拍手が沸きあがった。 拍手がやむ頃、舞台にはショウの開始を知らせる、明るい音楽が流れ出した。








copyright